お金持ちの定義を考えてみる

何が幸せと定義するのか

お金があれば幸せになれる、そう信じていた

年収1,000万円という額は例え中高年になったとしても達成できるとは限らない。それが20代の若者となったらなおのこと難しい、それこそ起業して会社社長という立場に立たなければ実現させることは不可能といえるでしょう。20代に限った話ではありませんが、働いている人の中には年収1,000万円を1つの目標にして働いている人が実際多いかもしれません、そうなれば生活が変わると信じてやまない人もいるはずだ。

ここで少し海外の話に移行してみる、何かとビッグなことが起きる海を超えた国にはそうした若くして富裕層の基準となる年収1,000万円を稼げる身分になれた人もいる。例を見て自分も可能性がある、もしかしたら自分もそうなれるかもしれない、などと夢を見るかもしれません。はっきり言ってしまえば成しえるためにはそれ相応の努力と困難が待ち構えているのを理解しなければならない。なったというケースを聞かされて、自分でもできると自惚れるのは勝手だが、努力もしないで簡単になれるだろうと思い込む人がいるから質が悪い。そうした話を真愚かなくらいに信じきっていると、余計に手が負えなくなってしまったりするものだ。

ですがそうして辿り着いた豊かさを経験しても、そんな功労があまりに虚しいと感じる瞬間もあるのです。そんなことはないという人もいるでしょう、こういう人ほどお金を人生において『一番』に考えているからそう思うものだ。ですが振り返ってみると、お金以外に自分は何が好きなのかすら分からないと途方に暮れてしまう人も出てくる。

20代で富を獲得しながらも、実際に手にしてみたらそこに自分が求めていた幸せがないと気づいた若者がいたのです。お金があれば自分の人生は満たされるはず、そう信じきっていたのだ。

個人投資家は夢じゃないらしい

お金がもたらしたもの

この若者はアメリカの話になる、20代の若者はお金があればあらゆる意味で幸福になれると思い込んでいた。そしてまず彼のしたことは年収を『500万円』にすることだ。20代でこの額にするだけでも相当ハードルが高い、日本でもこの額を貰えている会社員はそうそういないでしょう。そんな誰もが羨むような年収を手に入れたが、彼は満たされたり、幸せだと感じることはなかった。もしかしたら足りなかったのかもしれない、そう思って目標とする年収を『700万円』、そして『1,000万円』といった具合にドンドン上げていったのです。

気づけば若者は20代の年収とは思えない『年収1,000万円以上』という破格の所得を獲得していた。成功していると誰もが信じている、しかしそれでも彼自身は何もやりきったような感情は芽生えていなかった。いつもどこかに心の中には空虚さが醸しだしており、どうすればその穴を満たすことが出来るのかと考えた際、欲が向いたのが物欲です。年収に応じた高価な家具、高級車を乗り回し、衣類も高級ブランドに変えて、生活必需品も一般的に使われないものばかりを集めるようになった。

これで幸せになれる、そう思い込んでいたが若者の意図とは違って、心の中の隙間は広がるばかりだったというのです。広い家、家の中に溢れる物、羨ましがられる年収、三拍子揃った状態になっても若者が人生を『楽しい』と感じたり、『幸せ』と感じることはなかった。目的を達成し、自分の理想とする生活を手に入れても、彼の求めるものはそこにはなかったのです。

ミニマリズムという考え方

理想の自分になれた、しかし普段の自分は常に何かから急かされて焦燥感に駆られており、私生活も決して豊かと言えるようなものではなかった。離婚も経験し、蓄積されていた借金に追い立てられる生活から逃れるように物を購入していた。幸せがあると思った、そこへ行けばきっと自分は人生を豊かにすることが出来ると信じていたが現実は、誰よりも彼が彼自身を不幸と感じるほどに肩身の狭い生活を強いられてしまっていた。

そんな時でした、若者はとある友人から『ミニマリズム』という言葉を教えられたのです。日本語訳すると『最小限主義』というもので、自分が本当に必要と思うものだけを購入し、無駄なものを増やさないという考えだ。今までの彼には到底及びも付かなかった、ただそんなミニマリズムを実行している友人は若者から見てとても幸せそうに見えたのです。

ある時ミニマリズムの集まりがあるということで参加してみると、そこにはバックグラウンドや社会的身分が全く異なっている人たちが集っていた。ただ1つ共通点として、『幸せ』であるということがその集団全てに適合する。その時彼は気づいたのです、自分にとって本当に必要な物はなにかということに。

その後自身の身の回りでもミニマリズムを実行してみると、80%以上のものがいらないことに気づく事が出来たのだ。いらないものは売り払ったり、寄付したりして必要最低限の生活スペースと自分が幸せでいられるために必要なものだけにするようにした。そうしてようやく彼は気づいたのです、自分の人生を過ごす上で『何を目的とするべきなのか』、という点に。

FX徹底比較

お金を稼ぐのが人生の目的ではない

お金はある分に越したことではありません、ですがそのお金をしっかり管理しつつも、自分が一体人生を過ごす上で何を目的とするべきなのかと考えた際には、働くこと、お金を稼ぐことを最優先事項と考えるべきではなかったと彼は話している

これもまた人によりけりな部分があるかもしれませんが、それでも一つはっきりといえるのはお金に翻弄され続けると人生の楽しみが見えなくなってしまうということだ。働くことを生きがいにするのはいい、けれどその意義がお金に重点を置いていると人生の分岐点で迷う人が出てくると言われるのも、納得できる。