お金持ちの定義を考えてみる

公開された企業報酬情報

年収1,000万円と言われる人たちの実情

お金持ちといっても、誰しもが羨むような生活を過ごしているわけではなく、お金持ちと定義される人々は自身のお金を徹底的に管理しており、それらと上手に付き合えることが出来て、かつそんな無駄な出費をほとんどしない人がなれるものだと定義した。しかしこれも結局は理想論と言ってもいいかもしれない。お金があると欲に目がくらんで衝動に押し通されてしまうことなどざらにある。ギャンブルが良い例だ、筆者もそれなりに美味しい思いをしたことがあったがその内訳を有効活用できたかどうかと言われると、利用価値を持ってして資産運用できたといえる事例は少ないでしょう。残りは大半、泡とかして消えるような使い道で浪費してしまったからどうしようもない。

限られているからこそ、お金は大事に使わなければならないわけだ。けれどサラリーマンとして勤務している人ほどそんな贅沢を行使できる人は限られているものです。そこでここからは物凄い具体的な話をしてみようと思う。企業でおよそどのくらいの給与を払っているのか、また賞与を出しているのかといった情報を、企業自らが発信することはあまり滅多にない。発信したらしたで、それが問題となってその後の人事にも大きく影響を及ぼしかねないといった展開になりかねないからだ。お金に関する問題は特に面倒くさいことになるので、噛み付く人は噛み付くでしょう。

そんなお金に関する情報ですが、それでも構わないとばかりに大公開している情報が掲載されていた。見てみると様々な金銭事情が明かされているので、赤裸々過ぎるだろうとツッコミを入れたくなるところだ。そんな企業の裏事情ともいってもいいような給与に関する話をここでしてみよう。

個人投資家は夢じゃないらしい

賞与という一つの目安

年収1,000万円と言えば聞こえはいいが、その実態は税金やら手当やらが利用できないという束縛ばかりが生じてしまいます。そのためどうにも不都合なことばかり見てしまいがちだが、そんなことに関係なく気になることといえば、年に数度支給される『賞与』のことだ。これについては年収1,000万円に到達していなくても、企業によってはそれと同額の金額を支給されるところもあります。この時ばかりはセレブになった気分になれるので、楽しみにしている人もいるはずだ。それでもかつて、1980年代末期のバブル経済と比べると比較しようもないが今でも楽しみの1つとなっているのは間違いありません。

ただどうしてここで賞与についての話をしなければならないのかというと、年収にはその賞与も含まれているからです。よって、年収1,000万円と言われる人の中には、年1回あるいは2回となる賞与のおかげで到達している人もいるわけです、こういう人は正直悔やみきれない部分もあるかもしれませんが諦めてくださいとしか言いようがありません。

そんな賞与ですが、発表された企業ごとの賞与ランキングでどのくらい支給されているものなのかを、上位5位までに着目して見てみよう。

賞与支給ランキング

順位 社名 賞与支給額(万円)
1位 豊田通商 351.9
2位 JFEコンテイナー 322.6
3位 花王 309.8
4位 FJネクスト 307
5位 NIPPO 289.7

ランキングを見てもらったが、さすがというか何というか、1位は概ね予想通りと感じた人もいるでしょう。ただ1位の豊田通商は先物取引などを行っている企業となっているため、トヨタグループの中ではあまり聞き慣れないかもしれませんが、それでも妥当なランキングでしょう。

2位以下については土木や不動産などを専門的に行っている企業がランクインしており、業界通の人には知り得ている情報かも知れないが、聞きなれない企業が中心となっている。そこはいい、注目したいのは支給額についてだ、軽く300万円を超えているから凄い。これをその月に支給されたら何に使おうかと悩んでもしょうがないでしょう。こうなると無駄に浪費癖が悪化したり、お金に弄ばれて気づいたら無くなっていたと言われると、それも仕方がないかもしれない。

多額の賞与も良し悪し

金銭の扱いについてだが、普段から接している額以上のお金といざ遭遇すると、使い道が分からなくて混乱する人が多い。最も一般的な庶民にしたら、賞与300万円なんて現物で来たらどう扱っていいのか分からないでしょう。こういう時こそお金持ちとして機能できるかが鍵となります。普段から多額のお金と接しているお金持ちならどのように運用するかの見通しを立てることも出来るでしょう、ですがそうでないとお金の管理がままならないまま知らないうちに無駄なことに使っているといった顛末になってしまいかねないからだ。

多額の賞与は嬉しい限りだが、多すぎても使い道を示せない人にしたら辛いところかもしれない。

FX徹底比較

ご要望はすべてお知らせください!伊勢崎 賃貸が全力でサポートいたします!ファミリー型、ワンルーム型、ペットっと共生型、インターネット設備など♪
干し芋が好きな方必見! ほしいも株式会社では農作物生産の加工・販売やほしいも・ぶどう通信販売などを行なっております。 干し芋の通販情報は当サイトからチェックしてみてください!

賞与で年収1,000万円へと到達する人

賞与も年収に含まれるというのがやはりミソでしょう、毎月そこまで苦労することはないにしても、それでもあまり贅沢をすることが出来ない人にすれば年収1,000万円になってしまえば手当や保障が利用できないというハンデを背負ってしまいます。大半の人は累進課税を強く恨んでいるでしょう、年収が1,000万円を越していない人にしたら超えていないことを喜ぶべきだと言われているのも的を射ている。何事もままならない話だ、生活は苦しいのに賞与のお陰で年収1,000万円に到達してしまったという人もどこかにいるのかもしれません。