お金持ちの定義を考えてみる

お役所仕事で大金ゲットな役員報酬

最近記憶に新しい事件で

企業はサラリーマンが日々労働に勤しんでいるからこそ、商品を生産することができている。仕組みとしてはそうだが、けれど中身を紐解けば従業員が血の滲むような努力をして、骨身を削るように重労働をしてもなんとも思っていないが企業のトップというもの。極論過ぎる言い方かも知れないが、雑草のようにみなしている経営者は必ずいるものだ。そうした人ほど色々な不祥事をやらかすものですが、最近では東芝が粉飾決算を興した事件にも繋がるところがあります。

この事件でかつて社長を歴任してきた三人の役員が辞職を迫られる事となりましたが、彼らは社会を欺いていることを自覚しながら多額の報酬を受け取っていたことが明らかになりました。およそ年間1億円とも言われており、従業員たちの労働を省みようともしない企業の行いにより大企業としての地位を失墜させ、信用を失った点が大きい。利益を水増しし続けていたことは許されないことだが、大企業だからこそのプライド、または自分たちの意地や見栄などが絡んでいたのかもしれませんね。

そんな東芝の粉飾決算事件において注目されたのが、企業の上層部が受け取れる『役員報酬』というものについてだ。東芝にしても年1億円というから、テーマとなっている年収1,000万円とは比較にならない金額だ。一企業を管理する側に回ることが出来れば、それだけ大きな収入を獲得することが出来る可能性も見いだされるもの。けれどそんな役員報酬などというものは企業の、それこそ1人ないし数名にしか支給されないもの。

中には役員報酬で実質働かなくても日々生活に困らない、といった人もいるかもしれないから羨ましすぎる。ただこういう人ほどお金周りには厳しかったりするのかもしれません。そんな役員報酬のランキングについても発表されているので、見てみよう。

役員報酬というもの

役員報酬についてだが、見た目からして怪しすぎると感じている人もいるでしょう。企業側からしても役員報酬については『透明性の高い制度を採用している』という建前を出してはいるが、東芝を例にすると裏で何をしているかなど皆目検討もつきません。憶測で話を進めるのはあれなので、本題へと話を進めてみよう。

役員報酬ランキング

順位 社名 平均報酬額(万円)
1位 エイベックス・グループ・ホールディングス 24,620
2位 ミスミグループ本社 24,383
3位 ファーストリテイリング 24,000
4位 スターバックス コーヒー ジャパン 22,000
5位 カシオ計算機 21.317

個人投資家は夢じゃないらしい

気持ちいいいくらいがちょうどいい、ボキボキしない適切な根本治療が好評です。クチコミ高評価のやまもと整骨院 京都の整骨院が行う施術の詳しい案内は当サイトをご覧ください。分かりやすく解説しております。

もうあれだ、年収1,000万円がいかにちっぽけなものなのかを思い知らされる金額となっている。会社を実質的に支配している人間数名、もしくは1人に対して支給される額としては破格といえるでしょう。これこそ億万長者と言えるような華やかな生活をしているのでしょうが、問題はそこではない。こうした多額の役員報酬を支払っているシステムに対して、従業員たちの年収とを見比べてみてはっきりすることも出てきます。

従業員をどう考えているか

例えばエイベックス、ここは従業員の年収は平均して『748万円』と言われている。最低300万円は年収が欲しいと言われている世の中で考えれば納得できるくらいの金額だ、役員になれなくても1,000万円以上を目指そうと思えば役職によっては目指せるかもしれない。一流企業などと言われている辺り、ここのところはそれほど気にしなくてもいいだろう。

また例としてミスミグループ本社、ここで日夜働く従業員たちの平均年収は『441万円』と言われている。この企業で見ると役員報酬と比べたら相当過ぎるくらいに差が広がりすぎているのが気になるところ、役員に支払う多額の報酬があるなら従業員へと回すべきではないのか、とも考えるのが普通だ。けれどそれは常識という枠では捉えるのは不可能なのかもしれない。言ってしまえば、家畜同然の扱いを受けている可能性も高く、いうなれば格差という問題を強調するかのようなケースだ。

役員からすれば従業員など瑣末なものかもしれない、こうした仕組みが日本社会の労働市場における課題の1つなのかもしれない。

FX徹底比較

年収1,000万円になって見えてくること

企業で働く人々の実情、それこそ年収1,000万円の人にすれば到底想像もつかないような生活を強いられている人にしたら、信じられない側面もあるかも知れない。それこそ中には一昔前のバブル期で大活躍したかのような大盤振る舞いをしている、陽気というよりは少しはっちゃけすぎている人もいるでしょう。

お金至上主義となっている現代、あることに越したことはないが上手に使えていない人も多い。見たくないもの、あえて見ないようにしていたもの、色々と取り上げてきたかもしれませんが、お金があっても効率よく、運用出来なければ宝の持ち腐れとなってしまうのだ。貯蓄もそうだが、金回りはしっかりとしたいところです。